新入社員辞めたい


飲みニケーションで問題解決

私の好きな言葉に「飲みニケーション」があります。

何故好きかというと、飲んで騒いでそして仲良くなれる、一石三鳥です。

つまるところただの「飲み」なのですが、同期や先輩とよく飲みに行きました。

先輩と行くともちろんおごってくれる事も魅力なのですが、やはり会社内の人間関係の事や仕事の相談、恋愛の事もいろいろ話せて勉強になる事が飲みニケーションの一番の魅力です。

人間関係では困ったときのキーパーソンを教えてもらったり、仕事の話ではちょっとしたコツ(サボり方?)とかも聞けました。意外とこれが役に立つ知識なんです。

私はこの方法でいろいろな人と話をし、誤解を解いたり仲良くなったりしていたので、最近まで好んで「飲みニケーション」を使っていました。

しかし、最近入社された世代はあまり飲みに行くことが好きではないのか、ここ最近は年上の世代とは飲み会などでよく会うのですが年下(特に若手社員)とはあまり会いません。

某TV番組で仕事帰りの飲みは仕事の一部だから定時過ぎても仕事をしたくないというコメントを聞きました。

なんとも言えず寂しい気持ちもありましたが、「飲みニケーション」という考え方自体もしかしたら時代に会っていないのかもしれないと感じた瞬間でした。

そのコメントの考え方も確かに正しいと思います。確かに仕事が早く終わって家に帰って自分の好きなことをする。仕事のことから離れたい気持ちも正直分かります。

私の言う「飲みニケーション」は確かに仕事っぽいところがあるのでそう言われると言い換えせませんが、もし、上司や同僚に声を掛けられたら少し行ってみるのが得策だと思います。

それによって苦手と思えてた上司や馬が合わないと思っていた同僚が実はいろいろ自分の事を考えていてくれたことに気づくだけでも翌日からの仕事がスムーズになると思います。

30代以上の上司・先輩からお誘いがあった場合は仕事場ではなかなかいいづらい思いがあるのかもしれません。

少なくても良好な関係を気づく為にもっとこの人(あなた)の事を知りたいとおもっているはずですから。


ページの先頭へ