新入社員辞めたい


私がこれまでについた上司のタイプ

これまでついた仕事の上司についてこんなタイプの人がいたよっという自分なりの分析を書きます。

下記にこんなタイプの人でこんな感じだったと書いていきますが、全ての人が必ず当てはなるとは限らないので、「へ〜こういう人もいるんだ」程度に読んでください。あくまで例です。

1つ目は、口調もきつくなにか苦手意識が引きずる感じの上司です。

指示をテキパキ出してくれる上司ですが、なにかにつけ余計な一言がついてきてその度にムッとしていました。

余計な一言とは、「こっちの方がいいんでしょ?」と決め付けてしまう、とか「○君はアルバイト(正社員)だから」とかやたら肩書きを強調してくる感じの一言です。

一見どってことない一言ですがこれが長く続くとちょっとしたことでイライラが倍増してしまって気持ちを抑えるので大変大変でした。

しかし、上司の上司からあの人は悪気が有るわけではなく、あの一言で自分のリズム(空気)を作っているっと教えていただきました。迷惑な!と思いつつ少し気が楽になりました。

2つ目は、物静かなタイプの上司です。

今度は逆に指示を一向に出してくれない上司です。

指示というより作業も一緒に横について教えるという考えを持っている人なのかなっと思えるくらいとにかく「一緒に」を大切にする上司で、たまにそれぐらいなら一人で出来るからやらしてくれないかなぁっと思っていました。

忙しい上司だったのでちょこちょこ他の人に呼ばれ行ってしまうので待ちぼうけをしてる時間が結構有りました。勝手に一人で作業を進めても良かったのですが、もし違うかったら大変なのでやっぱり待ちぼうけでした。

これも先輩から聞くところによると、実は初めての経験の無い新人をどう扱っていいのか気を使っていたとのことでした。

いやはやなんとも、とは言え気持ちは嬉しい事なのでその後は自分から出来る事と出来ない事を伝えたうえで、こうしたい!っと言うようにしました。そしたら、「これいけるかな?」っと具体的に仕事を振ってもらえるようになりました。

正反対の上司でしたがそれぞれ考えやこだわりがあるんですね。どんな上司の下についたかは運ですが、意外と新入社員にとっては重要ですよね。


ページの先頭へ