新入社員辞めたい


上司の愚痴をつらつらと書いてみました

今回は今までの仕事で見た上司の愚痴を並べたいと思います。

@指示の意味がいまいち分からない。(なぜこんな作業があるの?)

この資料を作ってほしいとお願いされたので、どんな風に使うものか詳しく聞くが、やっぱりわからない。途中で面倒臭がられる。

A「これしといて!」はいいけど「資料は多分ここ」って範囲広すぎ。作成前に発掘作業。

客先への資料を作る際、入力情報を探す作業がありました。

多分このへんとホルダーを教えてもらって開くと大量のホルダーが出てき、気持ちが少しなえました。

B「今日は一緒に現場に行くから準備して」って今言われても!寒い現場に少ない防寒具で頑張りました。

現場は外なので寒い寒い。そんなところにいきなり行くって言われても普段通勤で着ているダウンしか着るものないです。

それからは、ネックウォーマーやらカイロやらをロッカーに常備するようになりました。

定時10分前に仕事を持ってくる。笑顔で。

バス通勤でこれやられるとつらいです。もちろん駅まで送ってもらいました。

D独り言が普通の会話の音量で話している。

これは癖なんでしょうね。悪気が無いのは一目瞭然ですが、たまに独り言とは気づかずその独り言に受け答えをしてしまって少し恥ずかしい思いをしてしまいました。

Eなにかにつけ怒鳴る人

これは笑えなかったです。

仕事の経験は本当にある人で周囲も社長も認める人でしたが、知識が有るからこそ相手の知識の無さが腹が立ったんでしょうね。

直属の上司ではなかったのでとばっちりを受けることは無かったのですが、周囲の人はやりづらそうでした。

時々客先に対しても怒っていることもありました。また、声も大きいので毎回びっくりします。

F昔の情報を押し付けてくる

こちらも他部署の話です。その人は経験と知識豊富な人で自信に満ちている感じでした。

しかし、その経験も少し時代が前のモノで、今は提出書類が増えているうえに確認対象が少し変わってきていることに納得していないのか、又はついていっていないのか「そんな書類作るのにどんなけ時間掛かっているんだ」とご立腹の様子。

同期が言うには内容が変わり枚数が倍近くなったとの事。ん〜頑張れ!


ページの先頭へ