新入社員辞めたい


辞めようと思ったときにも同期に何度か救われました

入社した際に特別な存在なのが同期です。ライバルとしても仲間としても会社を続ける以上同期の存在は大きいです。

同期で同じ部署に配属になった場合はライバル・仲間という意味が大きいのは予想できると思います。

事実私もどう部署の同期には何回も助けられました。

会社に入るといろいろな情報が回っています。中には仕事とは関係ないものまで。

この大量の情報をお互い共有することで、ある時は身を守ったり(面倒な仕事が回ってきそうな時は先輩の後ろにくっついて逃げてました)ある時は、何の関係も無い情報と思っていたのが急につながってスムーズに仕事が進んめたり出来ます。

なにより、困ったときや迷ったときに気軽に相談できる相手が同期なのです。

他の部署に居る同期とのお昼タイムには仕事の愚痴から恋愛の愚痴まで言ってスッキリするのが日課でした。

仕事の愚痴の中には本当に愚痴で終わってしまうモノも有るけど、中には同じ悩みを抱えていてその同僚の話を聞くことで、自分が客観的になり物事が整理されて解決するときが多々あると思います。

これは私も経験済みなので是非新卒の方にはおススメしたいです。

悩んでいる時やつらい時は同期とLINEでもして一息ついてください。

結局のところ仕事って人同士がする物なので、人(内外問わず)とコミュニケーションをとることがとても大切なのだと思います。

私は会社を辞めようと思ったときにも同期に何度か救われました。

結局辞めてしまったのですが、その時はやれるだけの事はした上での判断だったので後悔無く納得して辞めれました。

退職のことだけでなく仕事のやり方で話が盛り上がり、他部署の人と協力して仕事をスムーズにする事だって出来ます。

新卒社員さんにはまず横の繋がりを持って、そして大切にしていってほしいと思います。

その結果、いい方向に物事が転がるように工夫し合いながら、たまにはライバルとして仕事へのモチベーションにも繋がるはずです。

自分なりの仲良し術を確立して頑張って下さい。


ページの先頭へ